【2019北九州記念】

2019 北九州記念

お盆休みの方もそうでない方もこんばんは。

サマースプリントシリーズ第4戦。北九州記念が今週日曜日に行われます。

いきなりですが。なんとこのレース!!

1番人気は10連敗!!

2006年よりハンデ戦となっており、3連単100万越えが3回と今年も大激戦間違い無いですね。




このレースの中心となる馬

昨年の勝ち馬アレスバローズは57.5kのトップハンデ。昨年は中団から見事な末脚で差し切り。休み明け前走のCBC賞では同じく57.5kを背負い、クビ差2着と好走。ここも同じハンデで連覇を狙うのは間違いない。

ディアンドル

デビュー戦から1200メートルを使い続け、新馬戦2着、未勝利、オープン、オープン、リステッド、重賞・葵ステークスと5連勝。葵Sでは好位追走るら力強い押し切り。52kの軽ハンデを生かしてクレバーなレースを期待。

何よりスピードが武器のファンタジスト。

小倉2歳ステークス、京王杯ステークスとデビュー3連勝。今回は距離短縮。実績ある1200メートル。この相手にどこまでやれるか。

ミラアイトーン。

おととしの7月の1000万下特別を勝利で飾ったのち怪我で約1年半の休養。休養明けの1000万下・紫川特別、準オープン・淀屋橋ステークス、オープン・鞍馬ステークスと同じ1200メートルで4連勝。前走がすごい内容。vを観れる方は見ていただきたい。このメンバーでスローペースの中、上がり33秒を発揮。小倉競馬場も相性良し。期待の1頭。

モズスーパーフレア。

オーシャンステークスで重賞初制覇。前走の高松宮記念は見直しの内容。比較対象を慎重に答えを導き出したい。


【過去10年データ】

[年齢]

勝ち馬は4~6歳が3勝ずつ。6歳馬は3勝を挙げているが、2着はなく、3着が2回。

[枠順データ]

枠番別では2枠、5枠、8枠が2勝。
そこまで偏りもなく今回は軽視。

[脚質]

小回り小倉はで基本的に逃げは軽視。差し馬を積極的に狙う。

[前走比較]

連勝を果たした馬が4頭、連対も6頭。

前走上位人気馬は当然軽視。

過去10年で1番人気は未勝利。

北九州記念使用コース

スタートは2コーナーポケット。最初のコーナーまでの直線距離は479m。コースで一番高い位置からのスタートですぐに下りとなるためスピードが出やすく、テンの3ハロンは非常に速いのはご存知。3~4コーナーも名物下りのスパイラルカーブ。まず、スピードが落ちないですね。このスピードに加え、スムーズなコーナリングも必要不可欠。

一見、逃げ・先行馬が有利に感じるかもしれませんが現時点では馬場が荒れて前崩れで差し馬の台頭を狙う。当日の、同距離のレースを見て最終判断をしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました